中古車オークションのセリ風景
【中古車オークション会場の様子】


今や中古車の流通になくてはならない、中古車オークション。
中古車オークションとは、簡単に言いますと、ディーラーや中古車販売店、買取店などが参加する車の卸売り市場のことです。

中古車オークションの会員になりますと、車を売ることも買うこともできるようになります。

私達のような買取店は、お店で買い取った車は、基本的にこの中古車オークションで売ります。
なんと言っても手っ取り早く売れるからです。

今やこの中古車オークションもIT化が進み、インターネットを使いお店から全国のオークションへ参加することもできます。
これは逆に言いますと、自分の出品した車は全国の業者に売れる可能性があるということなのです。


このように中古車流通の要とも言えるオークションですが、ここは業者間のバトルの場でもあります。
いかにして程度悪い車を程度よく見せるか、調子が悪くてもごまかす方法はなど、とにかく自分の出品した車を高く売るためにあの手この手を使います。

といいますのも理由があります。
中古車オークションには参加するに当たり、そのルールを細かく定めた規約があります。
この規約の中に落札した車のクレームについての取り決めがあるのですが、その期間はほとんどの会場で1週間と決まっているのです。


つまり落札したお店は、1週間の間に不具合箇所を見つけなければなりません。
出品したお店は、1週間の間ごまかせれば、その後はノークレームとなります。


このため出品店と落札店とでの激しいバトルが繰り広げられるわけなのです。

いや、本当に狐と狸の化かしあいですよ。

私の最初に参加したときはびっくりしましたから。(ただカモにされただけですが・・・。)